うまいこといえない。

うまいこといえないひとがつたないなりに何かを残し誰かに伝えたいブログ。

『馬が好き』の内訳

柵を隔てて見ている自分も、彼らを信じている。

どこへいくのか障害レース2018

あとにつづくものを育て、築きあげなければならない。

オジュウチョウサンの新たなる挑戦について

競馬ファンとしては見てみたいし、この挑戦を肯定したい気もしているのだ。

怒って傷ついてほしくない

怒りの力は、相手にも自分にも傷を残す。

ほどよく楽しむ大人の遊び、競馬

私を人間に戻してくれたのは、世界の美しさを教えてくれたのは、競馬だった。

ひとり、おんな、けいば

競馬場の門はいつのときも大きく開かれていて、何者をも拒まない。

私のもうひとつの中山グランドジャンプ物語

目の前に飛び込んできた景色は、新緑の京都ではなく、春風の中山だった。

天馬に挑む

生涯最高のライバルの衰えを待ち望むような馬では、陣営では、アップトゥデイトは決してないのだ。

誰がための競馬

競馬とは馬が主役の、馬と人、人と人との共同作業だ。

春ですね。ちょっと休んでみませんか。

もしかして、昨年末からずっとがんばりっぱなしじゃないですか。

情熱は、花の種

ひとりひとりが心の中に異なる土と水をたたえている。

出会いに出遅れなんてない

知り得ないからこそなおさらに惹かれる想いもある。

林満明騎手とアップトゥデイト、ふたりの時間

3900メートルの遥かな道のりを、ふたり旅で駆け抜けた。

壊れる前に見つけて治そう(自戒)

気合いで病は治せないが、病を治すのに気合いは要る。

趣味と結婚の二択を迫られた時のお話

信念を貫いてひとり生きてゆくことは難しい。そして時折淋しい。

怒らない、解りたい、許したい

頭ごなしな否定批判はしないという覚悟で私はものを書いています。

勇気ある投票

名馬を名馬と讃えるのに垣根は必要ない。

みんなが信じる自分を信じろ!(来年への宿題)

自分を信じることはきっと、ひとを信じること。

オジュウチョウサンとアップトゥデイト、二頭の名馬について

障害レースだけにとどまらない、競馬史上に残る名勝負誕生の瞬間だった。

愛することは、許すこと

自分以外の何かを愛することは、自分自身を知り、認め、許すことでもある。

蕾の桜に夢を見て

願わくば桜の下に集えるように。

わたしはあなたの言葉が聞きたい

想いや考えはやはり言葉にしなければ伝わらない。

愛と情熱と、年齢とモチベーションのお話

馬にも人にも私自身にも、等しく時間は流れるのだった。

おとなのかんそうぶん『機動戦士Ⅴガンダム』

男と女が、人間と人間が解り合うことは難しい。

アップトゥデイト優勝! 縁と絆の結晶

喜びを分かち合う彼らは、確かに心が通じ合っていた。

いざ新潟へ。ファンは勝手に好いて追う。

好きにするから、勝手を押しつけない。

なんとなく、ツイッター

好きでやるんだから、理由づけなんて、なんとなくくらいでちょうどいい。

常識と世界の内と外のお話

大切なのは、お互いに見て聞いて知って感じて、想像を働かせること。

愛が執着になる前に

敬愛するひとが表舞台から一度降りてしまってから。私は『覚悟』という言葉をひたすらくり返してきた。くり返し言い聞かせてきた。周りにも、自分自身にも。好きなひとが闘っているのだから、闘って導き出した結果と結論ならば、何があってもどうなっても受…

私の最愛の馬、プロヴィナージュについて

2017年5月28日。最愛の馬の子どもが未勝利戦を勝ち上がった。産駒初勝利。初仔はついに勝ち上がれずターフを去っていただけに喜びと安堵はひとしおだった。彼の名はメンターモード。母馬は、私を最愛の騎手と出会わせてくれた“時の馬”にして最愛の彼女だった…