読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまいこといえない。

うまいこといえないひとがつたないなりに何かを残し誰かに伝えたいブログ。

小倉サマージャンプを観に行ってきました。

競馬

中山グランドジャンプを制した馬が当レースに出走するのはなんと史上初。
ところがこのレースは高田潤騎手が4連勝中で、記録がかかるオースミムーンが抜けた1倍台の人気。
もちろん私はJG1馬の底力を信じて疑わず。

終わってみればの圧勝劇。
いつかの佐々木師の言を拝借するならば、さしずめ「何で一番人気じゃなかったのかなぁ」といったところか。
しかしジャンプレースは“一戦一戦が決戦”。
最高を獲った馬に最善の結果を望む以前に『みんな無事に』がまず大前提としてある。
最後の一頭がゴール板を駆け抜けたのを見届けてから、ようやく一息つくことができた。

たしかに熱かった。
ストイックな林騎手と、慎重で繊細ながら豪快な走りっぷりのアップトゥデイト
面白いコンビである。

陣営も和気藹々としていて見ているこちらも笑顔になる、応援したくなる人馬。
この遠征を通してさらに彼らのことが好きになった。

そして私事ながら。
以前このブログで、敬愛する佐藤哲三元騎手のお手馬だったことからこの馬の応援を続けてきたと触れた。
それが理由でありきっかけで、これからもその事実はきっと変わらない。
でも、“この馬はこの馬”。
アップトゥデイトアップトゥデイトとして、この陣営をこの陣営として「好きだなぁ、頑張ってほしいなぁ、応援したいなぁ」と、最善と最高の結果を心から願ってやまない自分に気づいた。
こんな気持ちになったのはいつ以来だっただろうか…
もしかしたら初めての感情かも知れない。
なんというか、強く強くこだわることから解放されて、また違う新しい境地へと到ったような…
こんなふうに誰か何かを想えることが、今はただただ嬉しい。

さて「年度代表馬を狙っている」林騎手が見据えているのはもちろん暮れの大一番、中山大障害

…の前に、まずは目前のこちらから。
 てっきり阪神か京都の重賞を使うと思っていただけに意外な気がする。
どこまでも意表をついてくるあたりがいかにもこの陣営らしい。
個人的に府中へ足を踏み入れるきっかけがほしかったので願ったり叶ったりの遠征になりそうだ。

とにかく無事に、順調に。
いつでも最善と最高を。