うまいこといえない。

うまいこといえないひとがつたないなりに何かを残し誰かに伝えたいブログ。

それでもひとは旅に出る

ビジネスホテルが好きだ。あれは大人の秘密基地だ。
旅の目的は一、二点集中型。
競馬場へ行けてた時分は目当てのあの馬、あのレースのために。
行きたいところへ行って、食べたいものさえ食べられたら、あとはゆるゆるでいい。
今なら目当てのカフェのデザートセットとか、あの店のカレーとか、そういうささやかなもの。
ところが、旅の仲間がいるとそういうわけにもいかない。

人と旅をするのはたいへんだ。行く前から、行ったあとまで。
時間や希望、ライフスタイルや価値観のすりあわせ。
女性同士で温泉へ行くのであれば、月のものが極力カブらないよう綿密な日程調整が必要不可欠。
意見の衝突も起こるかも。
なにせ家族間でさえもハナシがなかなか決まらず、何度もなんとなくハナシごと流れた。今回も春先まで延び延びになった。
ウチの人間はわたし以外みんな出不精なのだ。
旅に出るにはわりと強固な意志がいる。なんとなくでは固まらない。
ひとりで決めてひとりで出てきたほうがよっぽどハナシが早い。
でも、人とする旅も、そろそろ恋しい。
旅館に泊まる大義名分を得られるし。

そう、わたしは旅館も好きだ。
おひとりさまもだいぶ市民権を得てはきたが、ひとりではまだまだ旅館には泊まりにくい。コストの壁もある。
昨年思い切って某温泉に素泊まりしてきたのだけど、複数人でシェアすべき空間にひとりで居座っている、そんな申し訳なさを感じていまいちくつろげなかった。
素泊まりだからお金もたいして落とせてないしね。
旅館。あれは憩いの場だ。大人の遊び場だ。
仲間と一緒になって、施設やお風呂やご飯にキャッキャはしゃぎあうのが楽しい。
ひとりだとその遊びができない。もちろん静かな感動はひとしきり得られるが。
ちょっとお金をはずんだら泊まれる権利は得られるのだけど、そういう問題でもないのだ。
これはやってみなければわからない実感だった。
単にわたしのおひとりさま熟練度が足りないだけなのかもしれないが。

旅行って、無駄を楽しむ究極の遊びだ。
お金も時間も労力もふんだんに使ってめちゃめちゃに遊ぶ。
ひとりでも誰かとでも、ここではないどこかへ出かけて家ではないどこかに泊まるのは心ときめく。
このときめきを味わいたくて仕事や生活をがんばったり、あれこれ計画を立てて心躍らせる。
そろそろまた味わいたい。ひとりでも誰かとでも、どっちでも。
今のご時世、まだまだ遠くへは出かけづらいけれど。
ほんのちょっとだけでも、慣れきった暮らしから抜け出して、どこかへ遊びに。

 

f:id:satoe1981:20201018083425j:plain