うまいこといえない。

うまいこといえないひとがつたないなりに何かを残し誰かに伝えたいブログ。

知ることと考えること

satoe1981.hatenablog.com

 

実は、あれからすぐに読んでいたのです。原文のほうも。
「戦争は女の顔をしていない」。
あまりにつらすぎて脳が破壊されたようで、わたしの毎日の暮らしのなかに、見も知らぬロシアの女の子たちのことを考える時間が加わった。
それがようやくやわらいできたかな、というタイミングでウクライナ侵攻が起こってしまった。
受けとめるには重すぎると留め置いていたことが、過去ではなく現在の、令和の時代に起こってしまった。
いやがうえにもこの本の存在を、この本を読んで涙したことを思い出した。
紐解くのは今だと。
あのとき何を書いてたんだろうと読み返してみたら、案の定ぐちゃぐちゃで、現実逃避しかしていなかった。われながらひどい。
戦争、戦場、戦時中では人間性、ましてや性別なんて考慮されるはずもなく、そのせいで破壊された人が、人生があるということを言いたかったらしい。知らないわたしはその事実を知らなければならないと。
でも、今わたしに何ができるだろう? 人間はあまりに無力だ。
こうしている間にもまたあの、見も知らぬ、戦争でぐちゃぐちゃにされた人たちが生まれてつづけてしまう。
国も立場も性別も関係なく、みんなが被害者だ。
知ることで何かが変わるのだろうか?
そう思うこと自体が、もう現実逃避だろうか。

先日、ヒグチアイさんの「悪魔の子」をフルで聴いた。
きっとこの歌を聴いて、ウクライナとロシアのことを考える人がたくさんいる。
そのことにとても大きな意味があると、強く思った。
それと同じだろうか。わたしの、読むことと知ることと考えることにも、意味があるのだろうか。
まだ自分自身を肯定できないでいる。

 


www.youtube.com