うまいこといえない。

うまいこといえないひとがつたないなりに何かを残し誰かに伝えたいブログ。

あたらしいわたしになっていく

競馬場へ行くときは、好きな服着てフルメイクしていく。ピアスもする。
わたしにとって楽しい場所だから。
好きな人馬や、同じものを好きな人たちと会う場所だから。

この日はすっぴんだった。普段着だった。
パーカーにパンツにスニーカー、くたびれたリュックを背負って。
顔と首と手の甲に日焼け止めを塗ってきただけ。
せめて眉だけでも描いてくるべきだったか。
いや、眉描くくらいならぜんぶやる。
まあいいか、マスクしてるから。
四十路女が着の身着のまま電車に乗ってやってきた。阪神競馬場へ。
顔見知りの人にばったり出くわしませんように。

このときのウキウキした気持ちはどこへ行った。
直前になって、心と体がものすごく重たくなったのだった。
行きたいから行く、それだけのことがどうしてこんなに難しくなったのか。
大阪メトロと阪急電車を乗りついで片道一時間以上。ひと仕事だ。
往路で少し乗り物酔いをした。こんなんでメインと最終、体と心はもつだろうか。ちゃんと写真を撮れるだろうか。
それは杞憂だった。
雨が降っていたから一眼レフは置いてきた。コンデジにして正解だった。
パーカーのフードをかぶって雨をしのげたから、普段着で正解だった。
パドックでシャッターを切りながら、本馬場でレースを観戦しながら、現金にも「来てよかった」と納得している自分がいた。
10歳になったベステンダンクが逃げて場内を大きくわかせたあと、その余韻もさめやらぬうちに最終レースのパドックへ引き返す。次は寮馬サウンドサンビームの出番だ。
誰にも会う約束をしていなかったから、わたしは泣いていた。歩きながら、写真を撮りながら。
フードと眼鏡が顔を隠してくれていてよかった。すっぴんで来てよかった。ひとりでよかった。
サウンドサンビームも低評価をくつがえす好走をした。
応援馬券を払い戻しながら、わたしはまた「来てよかった」と心の中でうなずいた。

 

阪急三番街上島珈琲店に立ち寄って、お茶をしながら、撮れたての写真を整理した。
阪神開催のときはだいたいここへ寄り道する。
この店の季節限定コーヒーを飲むのが楽しみのひとつなのだ。
いつものルーティーンがよみがえってくる。
競馬場へ行って、応援をして、写真を撮って、お茶して帰ってくる。
これでわたしの日常は戻ってきただろうか。
いや、まだまだ。
わたしはとても充実していた。へとへとに疲れてもいた。たった2レース滞在しただけだったのに。
体と心の体力が衰えていた。
だからこれからまたやりなおすのだ。
怪我や病気をしたのとおんなじ、スポーツやメンタルのリハビリとおんなじ。
でもリハビリをしてももう、もとのわたしには戻れないだろう。
前向きで元気でやる気のある、好きなものにはどこまでもまっすぐな、もとのわたしには。
それは悲しいことでも、残念なことでもない。
あたらしいこれからのわたしになっていくだけだから。
人は年をとる。生きかたも考えかたも変わる。感じかたも。
好きなものとの向き合いかたも、やっぱり変わっていくのだ。
心と体が根をあげないように、好きなものを好きでいられるように、わたしは何度でも変わっていこう。