うまいこといえない。

うまいこといえないひとがつたないなりに何かを残し誰かに伝えたいブログ。

ひとりで書いていく

それは自分が自分に赦した贅沢。
スルーされようが、スベろうが、書くときはひとりだ。
ツイッターで小分けしてつぶやいてみても、あとでちゃんと文章にしてぜんぶ書き留めておきたいと思う。あとでそうしてしまう。
向いてないのだ。小出しに気持ちを吐き出すのも、誰かとシェアするのも、ウケるように書くのも。
ブログ、ほんっとうに読まれない。
がんばって書いたものほど読まれない。
逆に「えっ、なんでこれが?」みたいなのほど反応されたりする。
ツボがわからん。いやツボはたぶん共感なんだろうけど。
基本的に自分の気持ちや体験ばかりつづってるからそれはそう。
そんなん誰が興味あるっていうのか(わたしは興味あるし読みたい。みんなブログ書いて〜とずっと言ってる)。
悩んでるから書くんだし、人の悩みなんかべつに面白い読み物でもなんでもないし。
もっというとコンテンツじゃない。なら面白く書く必要もない。ウケを狙う必要もない。
だからブログを書くのは自分に赦した贅沢なんだ。
お金もらってたら絶対できないこと。
スルーされようが、スベろうが、思い感じたことを自由に書く。
「どこかの誰かの目には入ってるかもしれないな、まあタイトルくらいは」と思いながら。
昇華で、自己満足で、自己完結で、解放。
わたしの人生には書くことが必要だ。
理解や共感をされたり、認められることよりも。
だからひとりで書いていく。