うまいこといえない。

うまいこといえないひとがつたないなりに何かを残し誰かに伝えたいブログ。

ろくに読まれぬブログ書くってこと

価値がないんじゃないか。
ああ自分はセンスないなぁ、
人を喜ばせる才能ないなぁ、
どうしたら読んでもらえるんだろうと、
べつに生業にしてるわけでも承認がほしいわけでもないのに、
それなりに長いこと書いてて、それにしても、あまりにもなんにもなくないか?
書いたら書いたですっきりすると同時に、成果やら対価やらを求めてしまうのは、もう人としては自然なこと。
そりゃあ読んでもらったほうが嬉しい。
いちおう時間と労力と頭使って書いてるもんね。
ツイッターで長文ツリーぶらさげたあとで我に返って、やっぱりそわそわして、ブログに再構築する。
二重にやる意味とは?
なんて思いながらも、つぶやきたいときがつぶやきどきなんだから仕方ない。
つぶやきは鮮度。文章は熟成。
よって、重なってもかまわない。
ブログに価値なんか、なくってもいい。
だって自由帳だもの。
誰が見てもいいし、見なくてもいい。
ろくに読まれないのは、自分のために、自分のこと書いてるから。
そりゃあそうだよ。だからツイッターでブログなんだ。その程度なんだ。
その程度だけど、わたしにとっては大事な場所でツールで確認作業。
人にとって価値がなくても、自分にとって意味があるからいいのだ。
というわけで、今日も、これからも、書くぞ。