うまいこといえない。

うまいこといえないひとがつたないなりに何かを残し誰かに伝えたいブログ。

怒らない、解りたい、許したい

ものを書いている限りは。
好きなものを愛でて楽しんでいる時は。

オジュウチョウサン号が満票で最優秀障害馬に選出されなかったことは、個人的には不可解に感じたし、とても残念なことでした。
この結果を受けてたくさんの競馬ファン、障害ファンの皆さんがやはり落胆し、あるいはおかしいと声をあげ、“満票を阻んだ該当馬なしへの一票”は大きな物議を醸しました。
私は「残念だな」と感じつつも、大きな論争の中に分け入り、一緒になって憤ることができませんでした。
こんな薄情な人間は障害ファン失格だと思う人がいるかもしれません。
先日の記事での言い分はおかしいと感じた人もいるかもしれません。
実をいうと、私も我ながら「おかしいのかな」とあれから思い悩みました。
なぜ残念だと感じているのに、みんなと一緒になって憤れなかったのだろうと。
それで、今一度よく考えてみて、気持ちの整理をつけようという決断に至りました。

「なぜ、そう思ったのだろう」。
人の話を聞くとき、文章を読むとき、報せを受けたとき。
別に何だっていいのですが、まずは当事者の心の内を知りたいと私は望みます。
今回の件については、「なぜ該当馬なしに投票したのだろう」。
オジュウチョウサンという他に並ぶものなき名馬がいながら、なぜ。
一年をかけて競馬を観ている人間ならば彼を最も活躍した障害馬と認めて票を投じずにはいられないはずなのに、なぜ。
昨年はそうしていたのに今年はそうならなかったのは、なぜ。
障害廃止論者であるとか、二年連続の満票を阻みたかっただからとか、炎上商法であるとか、憶測でなら何なりと言えるでしょうが、真意は当の本人にしか分かりません。
いくら他人が想像の限りを尽くしても、当人の口から語られでもしない限り、真実を知るすべはないのです。

では仮にそうさせる何らかの意志があったとして、「オジュウチョウサン号に投票する以外の選択は罪なのか?」
答えは否です。
オジュウチョウサン号に投票すべきなのでしょう、至極普通に考え感じたのならば。
理由は上に述べたとおりです。
競馬ファンとして、障害ファンとして、私も結果はそうあってほしかった。
想いを同じくした人が大勢いる。だから波紋を呼んでいます。
でも、そうしなかった何かしらの理由が当人にはあったのでしょう。
“思い、感じ、表現する自由”は誰しもに平等に与えられている権利です。
今回の場合は投票権です。
ここで誤解をしてほしくないのは、今は“自由と権利”の話をしているということ。
“すべき”というのはあくまで感情論であり、そうあってほしいという理想であり願望です。
しかし、これらの境界は非常に曖昧で混同しやすい。
たくさんの人が主観と客観に基づいて優秀な馬を選び賞を与えようというのですから、当然のようにさまざまな感情や思惑が入り乱れます。
今回は一票の思惑により、昨年は成った満票が今年度はかなわなかったという形です。
もちろん権利を行使した一票だったわけですが、感情がこれを拒絶するという気持ちは痛いほどわかります。
ただ、私はあくまで個人の自由と権利を尊重するという話を先日したのであって、私的な感情としては今日述べたとおり不可解に思えたし、とても残念でした。
障害競走を愛好し、オジュウチョウサンという名馬を素晴らしいと認める感情がそう思わせたのです。

今回の結果を受けて声をあげることは、何らおかしなことではありません。
率直な力強い声が数多く集まればそれがひとつの世論となります。
しかし世論が働きかけるべきは個人の主義主張ではなく、世相や団体です。
こういうときに是非を問うべきなのは、謎の一票というよりも、投票のシステムそのものなのではないでしょうか。
投票者の資格を問い直すべきだとか、そもそも賞金順やポイント制にすればいいとか、いろんな意見が聞かれます。
長年培われてきた伝統そのものを変えることは難しいのでしょうが、投じた票の意図を知るすべがあれば納得できる人は多いかもしれません。
何だかうまい考えが浮かばないのですが、各々の根底にあるのは“競馬への愛”だということはまず間違いないと思うので、個人の思想や行動を糾弾したり、理想とする結果を得るために異物として排除したり…というのは理にかなっていないな、怖いなと私は感じてしまうのです。
大元の団体やシステムが“投票するに相応しからぬ”と判断したとすれば、そうか…と頷きつつもやはり説明を求めるでしょうし。

最後に、個人的な話をさせてください。
できれば、できるだけ、私は怒りたくない。否定批判をしたくないという考え方です。
許せることは許したいし、許せないことともうまく折り合いをつけていきたい。
そのために今一度よく考えて、気持ちの整理をつけるためにブログやツイッターで文章を書きます。
どこにも書けないことは、おそらくどうしても許せない、理解できない、好きになれないことです。
そういう事柄にはわざわざを魂を削りません。
文章を書きあげるためには恐ろしいほどの膨大な時間と精神力を消費します。
我が身を削って呪いのような言葉を編みあげたところで、読んだ人とて気持ちよくはなれないでしょう。
書くということは許したい、解ろうとしたい気持ちのあらわれなのです。
価値観は多様であるべき、“自由と権利”と“感情と願望”はそれぞれ分けて考えるべき。
そのうえで頭ごなしな否定批判はしないという覚悟で私はものを書いています。
長いあいだ競馬をやっていると本当にいろんな人、いろんな主義主張や価値観との出会いがあります。
似ているもの、違うけれど惹かれるもの、不思議なもの、相容れないもの…
幾多の出会いと別れの中、やはり気持ちや好きなものを同じくする人がいて、そういう縁をこそ大切にしていきたい。
今回のことをどうしても誤解したままでいてほしくない人がいるので、これはいわゆる私信です。
伝わればいいなと願いながら、伝わらなければそれもやむなしと心を決めました。
失望されても、嫌悪されても、価値観の違いなので仕方ないねと受け入れるのみです。

綺麗事かもしれない。臆病なだけなのかもしれない。
私はこういう生き方しかできない人間です。
ものを書いている時は、好きなものを愛でて楽しんでいる時は、綺麗でありたい。優しくありたい。
だから、ごめんなさいと謝りながらでも、私は書き続けます。

勇気ある投票

オジュウチョウサンに何票入るかな。
中山大障害を観戦し終えてからずっとこの日を心待ちにしていた。
彼がこの賞にノミネートされてしかるべき名馬で、推される資格に値する活躍を見せたことは競馬ファンならば誰もが知るところだろう。
結果、290票中287票を獲得し、年度代表馬キタサンブラックとなった。
オジュウチョウサンには残る3票すべてが投じられていた。

報せを聞いたとき、ひとりでに胸に熱いものがこみあげてくるのを感じた。
もっと入っていてもよかったなぁ、当然だよ、すごい馬なんだから!と自分の馬でも携わっているわけでもないのに勝手に誇らしくもなり、ところ構わず大きな声で叫びたい気持ちになった。
これは進歩だ。
一頭の障害馬が無敗の王道を突き進み、2017年度の競馬界を牽引するとともに多くの記録と記憶を残したことを正当に評価した、勇気ある3票。
短距離と中長距離。芝とダート。そして、平地と障害。
レースは必要に応じて細かな区別がなされていて、各路線にて覇権があらそわれている。
しかし、名馬を名馬と讃えるのに垣根は必要ない。
その垣根を取り払おうという声が、今年ついにあがった。
オジュウチョウサンという稀代の名馬がそうさせた。
満場一致で最優秀障害馬に選出されてから一年の時を経て、彼はそうさせるにふさわしい名馬へとさらなる進化を遂げた。
障害界に、いや競馬界にとっての勇気ある発言。大きな意味と意義のある投票。
わたしたちは今まさに、新たな歴史がつくられる瞬間を目の当たりにしているのだ。

f:id:satoe1981:20180109191830j:plain

一方で、最優秀障害馬の部門は昨年のように満票での選出にはいたらなかった。
アップトゥデイトが同年J・G1ふたつを快勝した年のことを思い出した。
あのときも文句のつけようもない戦績と実績だったにもかかわらず1票だけ該当馬なしに、もう1票は同年に活躍した他の障害馬に投じられていたのだった。
競馬は多面体なのでいろいろな見解があってもいいと思う。
投じる人間にも主義主張や立場があるのだと思う。
異なる意見を持つ者を糾弾するつもりもないし、結果を受ける側のファンが投票権を持つ記者いち個人の事情を慮る義務だって別にない。
各々が率直に思い感じたことが真実だ。

“該当馬なしに入れた人”がどこの誰だったかというのには私は全く関心がない。
ただ、2017年という月日の競馬の中で“あの中山大障害”を観戦したことを大前提とするのならば、あのレースを観て何を感じ、何を思ってその答えにたどり着いたのかはぜひ聞いてみたい。
と同時に聞くのは怖い気もする。
私が心つき動かされ涙を流した名勝負が、他の人にとっては全く関心がない番組のひとつにすぎないのかもしれない。
自分が好きなものを他人に好きじゃないと言われるのは淋しいが、そんなことは生きていれば往々にしてあることだし、なにより個人としての価値観をみだりに批判すべきではない。
しかし投票権をもった公人としては、やはり私はいち競馬ファンとして「どうしてそう思ったんですか」と聞いてみたいし、票を投じる人間には投票の意図を説明する義務が与えられていてほしいと思う、というのが本音だ。
そもそもJRA賞を新聞記者が選出するというシステムからして不思議ではあるのだが、まあそれは置いておくとして。
2年前から私の考え方はなにひとつ変わっていない。

私は障害競走が好きだ。障害馬が好きだ。オジュウチョウサンが好きだ。
競馬が好きだ。競走馬と、彼らに携わる人が好きだ。
すべての名馬が分け隔てなく讃えられる世界に近づいたこの日を、ずっと待ち望んでいた。

みんなが信じる自分を信じろ!(来年への宿題)

自信がない。
ということは、他人が認めてくれている自分自身の姿を客観的にとらえられていない。
芯からひとを信じられていないのと同じこと。
自己肯定がうまくいっていない。
そう気づいたのはやはり他人とのかかわりの中でだった。
好きなものを通してひととの縁に恵まれる機会が増えてからというもの、私はまだ誰にも心を開けていないのだと思い知らされた。

地道に取り組んできたものを褒めてもらえることが多くなった。
そのたびに、そんなことは決してないと恐縮した。
贈り物のようにありがたい言葉の数々を、自ら望んだ言葉をまるでひとに言わせているような申し訳ない気持ちになって持てあました。
私はあなたのような立派なひとにそう言ってもらえる価値のある人間じゃないと縮こまった。
優しくしてもらっても、優しさを受けとることへの罪悪感を拭えずにいた。
他人へ向ける優しい気持ちを自分自身に向けることがどうしてもできない。
それは甘えなのだと戒めた。
甘えていたのは、自分自身の心にだった。

私は、他人が怖かった。
ひととのかかわりが怖かった。
他人からどう見られているのかが気になるのに、ひとの真意を知るのが怖い。
覚悟をもって言いたいことを書くといいながら、思想や言葉でひとを不快たらしめて忌み嫌われることが怖い。
本当の気持ちをさらけだして引かれるのが怖い。
好きなものを好きじゃないと言われるのが怖い。
求めて拒まれるのが怖い。
だから、自らひとと深くかかわろうとすることができなかった。
あらかじめ自己評価で自らに赤点をつけて、ひとに批評されることから逃げようとした。
傷つくことを恐れるがゆえに、私のプライドは、ちっぽけだと蔑む自分自身の心をばかり守りつづけていた。
これこそが目の前にそびえ立つ心の壁だったのだ。

私は、書いたものを認めてもらえて嬉しかった。
優しくしてもらえて嬉しかった。
競馬を通して好きなものを分かちあえることが嬉しかった。
限りある時間の中で同じ瞬間をすごせて嬉しかった。
あなたを好きだと言ってもらえて、たくさんの素晴らしいひとと出会えて、心はずむ会話ができたことが嬉しかった。
こんなにも満たされてきたのに、いつでも“目の前にいるあなた”を好きだと心から信じて疑わないのに、なぜ相手は違っていたかもしれないなどと恐れていたのだろう。
失礼にも程があるじゃないか。無責任にも程があるじゃないか。
自信がないにも程があるじゃないか…

自分を信じることはきっと、ひとを信じること。
ちっぽけな私はまだまだ自信を持つなんて大それたことは言えないけれど、縁あるひとを信じることならできる。
ああ、好きだなぁ、と思えるひとが私を認めてくれている。
これ以上の厚い信頼があるだろうか。
だから、ひとを信じるように自分自身を信じてみる。
優しい言葉や嬉しい評価を、贈り物のようにありがたく受けとってみる。
信じることはきっと、許し認めることだ。
あなたを好きになるように、生涯をかけて自分を好きになる義務と権利が、私にはある。

オジュウチョウサンとアップトゥデイト、二頭の名馬について

新旧王者が揃って青い枠におさまった。
この瞬間、伝説は約束された。
前々で対象をぴったりとマークし、自ら仕掛けて獲物をしとめるオジュウチョウサン
悠々と先行してスタミナで押し切るアップトゥデイト
隣り合った彼らがすんなりとゲートを出たらどうなるかは火を見るより明らかだ。
アップトゥデイト陣営は、勝ちにいく競馬をすると高らかに逃げ宣言をした。
ハイペースを望むならば自分たちが作ればいい。
はじめから影も踏ませぬところまで突き放せばいい。
一か八か、大敗覚悟の、一世一代の大勝負。
宣言通りに彼らは大障害コースを単騎で駆けた。
このうえなく勇敢ですさまじい、見惚れるほどに美しい逃亡劇だった。

迎え撃つオジュウチョウサンは、ゴール板を解っているのだという。
いわゆる名馬と呼ばれるような優れた馬は、己が何者で、自分が何を成すべきかを理解している。
しかし、はかったようにゴール前で差し切られたとは、この日に限ってはどうしても思いたくなかった。
オジュウチョウサンは慌てていたからだ。
飛越のあとの着地で二、三度つんのめるような動作を見せ、そのたびにねじふせるように立て直し、遙か彼方をゆく白い影を懸命に追った。
来るなら来い、やれるものならやってみろよと大逃げを打つアップトゥデイトに、虎視眈々と追走していたはずの彼は極限まで追いつめられた。
前王者が死守せんと抗い、現王者が猛然と食らいついた。
昨年は9馬身差。
気の遠くなるような、残酷なまでの力の差が再び拮抗した。
わずか半馬身差で雌雄が決した。
障害レースだけにとどまらぬ、競馬史上に残る名勝負誕生の瞬間だった。

f:id:satoe1981:20171224145722j:plain

生涯のライバルとの死闘を終えて無事に帰還した人馬を、佐々木調教師と同助手は満面の笑顔で出迎えた。
興奮の最中にあるのか、敗れたことが解っているのか、アップトゥデイトは時おり首を上下に振って何かを訴えかけるような仕草を見せていた。
私には、彼らが無事を喜び、健闘を讃え、安堵し、ねぎらいあっているように見えた。
馬と人のあいだに明確な言葉は存在しないのかもしれないが、通い合う感情が彼らのあいだにはある。
一点の曇りもない。
悔いなく戦い抜いた男たちの表情は、この日の空のように晴れやかだった。
すべて報われたのだ。
この光景を見に来た。
ここに来てよかった。
その瞬間、喜びとも悔しさともつかぬ、なんとも形容しがたかった感情に名前がついた。
ふと耳を傾けてみると、場内の拍手と感嘆の声がまだ鳴りやまない。
ここにいる誰もが心をつき動かされ、酔いしれ、熱狂し、魅せられていた。
ようやくその中のひとりとなって私もむせび泣いた。

アップトゥデイトは時代を間違えて生まれてきたのではない。
主戦ジョッキーの言葉をいちファンが打ち消してしまうのはおこがましいことだろうか。
確かに、そう思って悔しがった時期もあった。
オジュウチョウサンのいない時代に生を受けていれば、アップトゥデイトはたぐいまれなる強者として障害界に君臨しつづけていたのかもしれないと。
一度頂点を極めたからこそ、一度打ち負かした相手に敵わないことがなおさらに悔しかった。
今は私情ではなく障害ファン、競馬ファンとしてオジュウチョウサンに惹かれ敬う気持ちがあるからこそ、彼を凌駕する存在がいずれあらわれてほしいと願う。
その存在は願わくばアップトゥデイトであってほしい。
二頭の名馬はともに時代に選ばれ、時代に愛された。
彼らはいずれ永遠に語り継がれる存在となる。なるべくして伝説となったのだ。

王者たちの戦いはつづく。
ゴールの瞬間に新たなスタートは切られていた。
オジュウチョウサン陣営は国内での記録挑戦に、アップトゥデイト陣営は今回の競馬に磨きをかけて“打倒オジュウ”にさらなる意欲を燃やす。
その間にも新星たちが次なる王者となるべく勝ち上がり、力を蓄えてくるだろう。
ハードル界の未来を予期させる素晴らしい中山大障害だった。

愛することは、許すこと

来週末、応援幕を出しにいく。
確実にパドックに張りたいから開門前に間に合うよう現地には前日発の高速バスで向かう。
好きなもののためにがんばるのは楽しい。
成し遂げるために毎回かなり力を出してがんばっている。
我ながら強いこだわりだと思う。
よくやってるなとも思う。
だから時々怖くなる。淋しくなる。
いつかしたいようにできなくなる時がきて、したいようにできなかった自分を許せなくなる時がくるのかもしれないなぁと。
おそらくそう遠くない。いつかは、いつの日か必ずおとずれる。
いまこんなにも好きで幸せなのに、いつの時からか、夢が終わるいつかを意識するようになっていた。

好きなものがあって、好きなもののために行動できることは、人生における無上の喜びだ。
趣味は生きる活力となる。好きは心の糧となる。
生きることとは生活だ。
自分以外の人や社会とかかわって、自らの役割をこなしながら、服を着てご飯を食べて家に住む。
その中でしたいこと全てを選びとるのは難しい時も出てくる。
日々の暮らしに追われて気持ちが上向かないこともある。
たとえ厳しい状況にあったとしても、真面目で情の深い人ほど懸命に力をふり絞ろうとするだろう。
好きなことで疲れや苦痛は感じにくい。充足感は確かに得られるからだ。
だから時にはキャパシティ以上にがんばれる。
が、自分以外の何かのために自らが生きることを犠牲にすれば、いずれ帳尻が合わなくなってくる。
仮にその時は100%以上の力で何とかやりとげられたとしても、次もまた同じようにがんばらなければと必要以上に義務感を背負ってしまうかもしれない。
がんばれなかった時に自分自身を責めさいなんでしまうかもしれない。
がんばるって何だろう?好きってなんだろう?
いつまでもトップスピードで走り続けられる馬などいない。
わたしたちはそのことを、とてもよく知っている。

年をとるごとに、社会的な役割が増えるごとに、がんばれることはゆるやかに減っていく。
楽しみたいはずなのに、好きなことを楽しむ気力がわかない時もある。
私の場合はもちろん大好きな競馬だ。
まだみぬ世界をこの目で見たい。
応援する人馬のがんばりを見届けたい。
いまは、いましかない。
でも、私も、私しかいない。
馬も人もレースも一期一会だけれども、私の心と身体もいまの一瞬をもがきながら生きている。
だから愛するものと同じように自らをも大切にしなければならない。
もって生まれた心と身体で何かを愛したり、打ち込んだり、喜びを感じたりするのだから、自分が壊れてしまってはせっかくめぐりあえた楽しいものも楽しめなくなるからだ。
それは何よりも悲しい。
好きなことを好きに選んで生きていくのと同じように、時にはがんばれなくなる自分自身をも受け入れて許すこと。
自分以外の何かを愛することは、自分自身を知り、認め、許すことでもある。

私は年をとった。
がんばれることは数年前よりも減ってしまったのかもしれない。これからも減っていくのかもしれない。
そのかわりにいまは、若く無知だったころとは全く違う景色が見えている。
年をとることは経験を重ねることだ。
経験を重ねて人は成長する。
自分以外の何かを愛し、自分自身をも許せる人はきっと、どんな時も悔いのない選択ができるはずだ。
そういう強い人間に、生涯をかけて、私はなっていきたい。

蕾の桜に夢を見て

サウンドキアラが阪神ジュベナイルフィリーズを除外された。
勝馬は9頭が駒をすすめることができる抽選で、まさか確率12分の3のほうにふり分けられるとは。
しかし4頭に1頭。決して低い数字ではない。
出られるものと信じて、夢を想い描いて、ひとりで舞いあがっていただけに、いざ否とつきつけられてしまうとショックが大きかった。
この落胆は、見たいと望んだものがひとまず見られなくなってしまった淋しさだ。
サウンドバリアーショウリュウムーンがいた2010年桜花賞をもう一度見なおしたくて、私はひとりで勝手に焦っていたのかもしれない。

彼女たちが競馬場にいた頃の私は無知だった。
競馬の何たるかも知らずに。
一勝の重みもわからずに。
馬のそばにいる人たちのことも、彼らの献身も当たり前のことと思い。
他人の気持ちも推し量れずに、夢や浪漫という甘い言葉を大義名分に厳しい挑戦を望み、好きな騎手の勝ち星となってほしいがために馬を応援した。
あのときのまっすぐな感情に嘘はない。
まっすぐだったのは己の欲望だ。
何も知らないままに、ただただ無我夢中だった。
彼女たちを愛していたのは本当だったけれども、限りなく利己的で、自分のための愛に近かったように思う。
たったひとりの世界で、幸せで自分勝手な夢をひたすら見つづけていた。
見るべきものも見えないままに。

敬愛してやまなかった元ジョッキーがかつての相棒たちをいとおしそうに語るたびに、私は応援していた馬たちに謝ってまわりたい気持ちになる。
人間のために馬に声援を送っていたあの頃の、無知で無我夢中ゆえの視野の狭さを申し訳なかったと。
悔いてなどいない。ただ思わずにはいられない。
競馬と出会って十年が過ぎたいまならば分かることがあって、もっと違う愛しかたができたのに。
見えなかった、知らなかったものの中にこそ宝はあったのにと。
過ぎゆく時の流れの中で私にとっての競馬はもはや、たったひとりの世界だけではなくなっていった。
まず馬がいて、周りに人がいて、馬と人、人と人とが共にいる。それが私にとっての競馬だ。
たったひとりだけではなく、自分以外の、想う相手の、誰かのために祈り願うことが山のようにある。
夢から覚めて愛情のかたちが変わったのだ。

サウンドキアラはサウンドバリアーの娘だけれども、サウンドバリアーではない。
コーディエライトも同じ厩舎の管理馬ではあるけれども、ショウリュウムーンではない。
しかし幾多の縁を今日まで大切につなぎつづけてきたからこそ、こうして夢のつづきに想いを馳せられる。
もう、あの頃ではない。いまとこれからが無限にある。
ひとまず違う道をゆくこととなった彼女たちの未来が光り輝くように。
願わくば桜の下に集えるように。
無事と最善を祈りながら、蕾が花ひらく夢を見る。

f:id:satoe1981:20171209232905j:plain

 

わたしはあなたの言葉が聞きたい

ツイートがちょっとバズった。
とはいえ何千何万の大きい話ではなく、いいねリツイートあわせて数百の微々たるものだ。
趣味と日常を細々と綴っているだけにすぎない個人アカウントにはありえない反響だったので、「なんでこれが」「あたりまえのことを普通に言っているだけなのに」「同じことなら競馬の文章か写真で反応されたいものだなぁ」と小心者は唸りつつ、黙ってなりゆきを見守っていた。

ジェンダーの問題はよく“燃える”と思い知らされた。
“一方的に好意を抱いて距離を詰めてくる男性に恐怖を感じてしまう女性”の体験と心情を綴った連作漫画への共感と、漫画への一部の反応に対する率直な感想だ。
(『私は男性が怖い』は正真正銘“バズった”漫画なので検索をかけたらすぐに出てくるかと)
誰にとっても“我がこと”なだけに、自らの性別ゆえに誰しもが多かれ少なかれ抑圧され、胸の内にくすぶる想いを抱え込んでいるのだろう。
さてどんなひとが読んでくれたのかしらといくらかホームをたどってみると、たくさんのリツイートをタイムラインに並べてはいても、何かに真剣に怒ったり嘆いたり悩んだりはしていても、自分の言葉で意見を述べているひとがあまりいないように感じられた。それが少し淋しかった。
つぶやきを通じてすれ違ったひとがどんなことを考え感じているのかを知りたかったのだ。
ところがホームを通して伝わってきたのは漠然とした負のモヤモヤだった。
たまたま流れてきた私の言葉を借りて何かを否定批判したり、誰かを攻撃するための武器として使っているのなら嫌だなとも思ったが、おかしなことを言ったつもりは毛頭なかったのでツイートは取り消さなかった。
言及も補完もしないでおいた。
何百の反応があった中で嫌な絡みは一通もこなかったので、自分の言葉にも判断にも過ちはなかったと信じたい。
いいねリツイートは他意のない共感だったのだろう。
そうなのだ。あたりまえのことにこそひとは共感したり、安堵を覚えたりするのだ。
数日経てば通知は鳴りやんだ。

議論なり提唱なり主義主張なり、確固たる信念があるのならば、なおさら自分の言葉でやるべきじゃないのかな。
常々そう思ってはいるけれど、自分の想いを言いあらわすすべを持たない、やりかたを知らない、伝え慣れていないひとは案外多いのかもしれない。
想いを言葉で伝えるというのは、想像するよりずっと難しくてハードルが高い行為なのかもしれない。
私だとて、いつまでたっても未熟者だ。
拙いながらも一生懸命に考えて、心の内から生まれた名無しの感情にひとつひとつ言葉を当てはめて形にしていっているだけにすぎない。
形にするまではぼんやりただようだけの感情の集合体。
持て余したモヤモヤは、そのまま吐露するにはあまりにも頼りなくとりとめがない。
だからこそ書く。形を与える。名前をつける。命を吹き込む。
私はそうやって自らと向き合ってきた。ひとと関わってきた。
書くことは生きる力にもなりうる。

ただ願っている。
書く場所を選んだのなら、書くことを怖がらないでほしいと。
気持ちを察してとか、黙っていても分かりあえるとか、人間の良心や深謀遠慮をありがたがるようにひとは信じようとするけれど、想いや考えはやはり言葉にしなければ伝わらない。
リツイートも、ネットスラングも、スタンプも、コラージュも面白いけれど。
いまの時代、的確に伝えるツールはそこかしこにあふれているけれど。
整然とした手ざわりのいい型枠にはとても収まりきらない想いも、生きていれば何かしらある。
時にはもっと自分の内なる想いの力を信じる瞬間があってもいいのだ。
ひとにものを伝えることは素晴らしい。ひとの想いを受けとることも素晴らしい。
だから、言葉にすることに億劫にならないでほしい。
自ら発したものを、たとえば「駄文ですが」と必要以上に貶したり、恥じたり、茶化したり、濁したりするのももったいない。
誠実な言葉には魂が宿る。
ひとはそれを言霊と呼ぶ。

怒ってるんじゃなくて。嘆いてるんじゃなくて。
否定批判じゃなくて。悲しいのでもない。そんな大げさな話でもなくて。
ただ、このごろ少し淋しいから、誰にとはなしに願っている。
「わたしはあなたの言葉が聞きたい」と。