うまいこといえない。

うまいこといえないひとがつたないなりに何かを残し誰かに伝えたいブログ。

わたしの断髪式

どうしてこんなに、やりきれない。
男の子っぽい髪型にしたからといって男の子になるわけじゃない。
髪を短く切っても女性らしさが損なわれるわけでもない。
ボブにしようがベリーショートにしようが、わたしはわたしだ。
わたしは、わたしらしくなりたかった。
それをやんわり否定されたような気がして、一晩たっても、まだちょっとやりきれない。

担当してくれたのは男性の美容師さんだった。
伸ばしていた髪がストレスになっていたわたしは衝動的に近くの美容院を予約した。初めて行く店だった。
イメージを伝えて「とにかくめちゃくちゃ短くしたいです!」とお願いした。
けど冒頭だ。
どうみてもボブに仕上げようとしてるから、違う違うそうじゃそうじゃない、とお願いしてようやく仕上がったというわけ。
「男性っぽくなっちゃいますよ、本当にいいんですか?」
「いいですもっともっと」
このやりとりを二度した。
とても不思議だった。
髪を短く切るのがそんなに怖いんだろうか。
でもこんなことは、よくよく思い返してみればこれまでに何度もあった。
髪を短く切るたびに、たしかにあった。
傾向的に女性の美容師さんはわりと躊躇なく切ってくれて、男性の美容師さんは多少なりとも躊躇する気がする。
女性の髪をつめることを男性は本能的に禁忌と感じたりしてるのだろうか。
女性の男装的なものを男性はタブー視するのだろうか。
なんてことをぼんやり考えていたんだけど、まあ単に「切りすぎ!」「イメージと違う!」ってよく言われるんだろうなあ。
だからちょっとずつ切るんじゃないかなと。
そうですよね、クレーム怖いですよね。お客さんを悲しませるのは悲しいよね。
美容師さんって大変な仕事だ。頭が下がります。髪だけに。

前髪を作って、耳をぜんぶ出して、またコンパクトな頭に戻った。すごく気に入っている。
髪を伸ばそうと決めていた。
顔タイプに合った、ザ・ソフトエレガントなヘアスタイルにしてみようと意気込んではみたものの、完成途上のそれはどうみてもわたしらしくなかった。
なんだか大人っぽいというよりも陰気に見えてしまうのだ。
気に入ってなかったから、我慢や納得のいかない気持ちが表情にもあらわれていたんだろう。
わたしがわたしらしくノンストレスでいられるのはやっぱりベリーショートしかない。
切って確信した。
結末はハッピーエンドなのになんとなくモヤモヤするのは、べつにわたしは男の子っぽくなりたくて髪を切りに行ったわけじゃないからだ。
そんなの言葉の受けとりようでしかないと言われればそれまでだけど、切ってくれる人にそう言われたら「ええ…なんでそんなこと言うの…」と思ってしまうのも仕方ない。
切ってくれる人に「男の子っぽくなったら何がだめなんですか?」「髪を切ったところで男性にはなりません」と言い返せるほどわたしは強くない。
ましてや自分の価値観やら相手の言葉に乗っかってつっかかりたいわけじゃない。
だいいち、わたしはそこまで子どもじゃない。

とても気に入りました、ありがとうとお礼を伝えてそそくさと帰ってきてしまった。
そんな言葉で相手のモヤモヤが晴れたかどうかはわからない。
モヤモヤしてるかどうかすらもわからないけれど。
今にして思えば、逆にわたしから訊けばよかったのかなあと思う。モヤモヤしないために。
切ってくれた人にとってはアリだったのかナシだったのか。
「どうですか、これすごく似合ってませんか?」ってね。

目の前に自由がある

まさかこんな日が来るなんて。
書く気力もなくなってるし、誰かに何かをわかってほしい気持ちも失せてるし、なにより自分が書いたものへの反応がなんだか重たい。
受け流すことも向き合うことも、とても気力がいることだから。
このブログもぜんぶ消してなかったことにしたいなんて浮かんでくるくらいだ。
そうしてもいいのかもな、いまがまさにその時なのかな、なんて思っている。
ひとりでいたい。いつもうっすらとまわりにだれかがいることにつかれた。
べつになにかに絶望したり落ち込んだりしてるわけでもないけど、前ほど自分が嫌で苦しいのでもないけど、とにかく静かに無気力。ついに趣味も楽しめなくなってしまった。
ああこれは冬うつっぽいけど年齢的なものもあるのだろうなあ、と思いながら、毎日ただ生きている。ほんとに生きてるだけ。
しかし「生きててえら〜い!」なのだ。いまのわたしにとっては。
仕事をかえてみて、なんとか立て直しをはかっているところ。
書くどころではないといえばないんだけど、逆に言えば書かなくてもよくなったのかもしれない。
わたしにとって書くことは生きづらい自分をなんとか生かすすべだったのに、ちらっとでも「書かなくてもいいのかな」と思うようになるなんて、ぜんぜん想像もつかなかった。夢にも思わなかった。
生きてるといろんなことがあるもんだし、四十年以上生きてりゃ人間だって変わる。
だからまあそういう時もあるんでしょう。
そういう時じゃなくて、そういう自分になっているのかもしれない。
いまの時点ではまだなにもわからない。
こんなこと言いながらそのうち書きたくなって書くんだろうな、とも思う。
そうなってほしいし、そうならなきゃならないでいいのかな、消えてもいいし消してもいいし、残してもいいし、まあ自由だわ。思うようにすればいいや。
ひとりでぼ〜っとしながら、いつでもどうにでもできる自由を感じている。

 

やる気がなくてもドーナツはおいしい。

 

性は生だから

エンタメで性的なものを見るのがしんどい。
ちょっと前にも書いたけど。
暴力やセクハラはもちろん、ジェンダーの話や恋愛ものなんかも見たくない。
しんどさと気持ち悪さを感じてしまう。
でもこうなったらもう見られるものがほとんどなくて、どれだけエンタメが恋愛ありきで作られてるのかがわかる。
完全に避けるのは難しい。「惜しい…恋愛が絡まなければ読むのに…」みたいなタイトルもけっこう多い。作りたい女と食べたい女とか。
テレビは今のところ、どうする家康しか観ていない。
大河ドラマにも結婚の前振りとして少しは恋愛感情が描かれるけど、それメインじゃないので安心して観られる。
家族愛としての色のほうが強いし、オチもわかっているしね。
こんな調子だから、読める漫画はほとんどなくなってしまった。
なぜこんなに性的なものがしんどくなったのかは自分でもよくわからない。
ここ一、二年そこらでわたしの中の何が変わってしまったというのか。
歳をとったからなのか、もっと他に理由があるのか。
性は生だから、生きるのがしんどいから、なのかもしれない。