うまいこといえない。

うまいこといえないひとがつたないなりに何かを残し誰かに伝えたいブログ。

ここはおれの日記帳だから

はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」

 

ブログはずっと書いている。
趣味や生活が変わっても、書くことだけは変わらなかった。
実ははてなブログにさしたる思い入れはないんだけど、書きやすい場所だとは思ってるしここから移動することはおそらくない。
一時期noteへ行こうとしたものの、キラキラしたこと、なにかしらのノウハウ、前向きなこと、なにより金になることを書かなきゃならないみたいな意識の高さが肌に合わなくてすぐリタイア。
課金って苦手だ。だから自分の文章を売ったことはない。
好きなこと=書くことで金をとりたくない。
べつに金をとらなくてもnoteで書いてもいいだろうが、投げ銭を推奨されてるプラットフォームで書いてると、自分を切り売りするみたいになりそうだな、無意識に背伸びしてかっこつけそうだな、それはなんか違うなと。
インターネット文学って、つまるところ、おれの日記帳でしょう。
人のことなんか知らん、文学なんてかしこまったもんじゃない、ただのひとりよがり。
ここはおれの日記帳だから、書きたいことを好きなように書くのだ。
かといって、紙に書くのとは違う。
どこかのだれかになにかしら読んでほしくて、インターネットのブログに書く。
どこかのだれかのとるにたらないこと、めちゃくちゃ好きなもの、なんとなくつづいていく生活とか悩みとか。そんななにかしらを読みたくて。
でも最近そういうブログ減ったよね。友人たちもぜんぜん書かなくなった。
文章を書く敷居がすっかり高くなってしまった。
キラキラしたこと、なにかしらのノウハウ、前向きなこと、金になること。
そんなんじゃなくってもいいのにな。そんなんがほしかったら本買うもん。課金って本来そういうもんでしょう。
だからインターネットでは、ブログでは、本には到底ならないよくわからんごちゃごちゃしたものたちを読んでたいし、書いてたい。

 

satoe1981.hatenablog.com