うまいこといえない。

うまいこといえないひとがつたないなりに何かを残し誰かに伝えたいブログ。

下手の横好き上等

はてなブログのホットエントリーに載るとアクセス数が非日常的に増える。
炎上ともいえないような妙に生々しい感じで。
継続して書いてたらたまにそういうことが起こるようになった。
やっぱりある程度の頻度でブログ書く人が減ってるのだろうなぁと感じる。体感的に。
どういう基準で載るのかはわからんけど、人の少ないタイミングで投稿したものがたまたま一定数以上リンク踏まれたとかでも瞬間的に載るっぽい。
とはいえアクセスされるのと、読まれるのと、リアクションがあるのとはぜんぶ似て非なることなので、カウンターが回ってるから読まれてるとは限らない。
目を引くタイトルとサムネイル仕込めばわりと数は回せるんだろうなとも思うんだけど、それを狙ったらほんとうに書きたいことから遠ざかってしまう。
べつにウケるために書いてるわけじゃない。エンタメじゃないもの。
プロでもアマでもお出しされる創作物、それこそ絵でも文でも写真でも価値あることが重要視される昨今、「自分の気持ちは~~!!」ってやってるブログはやっぱり少ないのか。
いや、単純に表に出てきにくいのか。
そんなん書いちゃだめと思ってる人が多いのかもしれない。
わたしはただの独白とかありふれた日記みたいな文こそ読みたいのだけど、そういうのを古くからはポエム、最近はお気持ちって揶揄するきらいがあるじゃないですか。あと自己満とか。あの空気が嫌で嫌で。
ツイッターでも「ポエム失礼します」って申しわけなさそうに前置きしてるのを見ると「そんなこと絶対ないからそんなこと言わないで~!」って叫びたくなる。
せっかく文を書いてくれる人が、人目を気にして申しわけなさそうにしてるのが悲しい。
ポエムはよいものです。お気持ちがあるから人は豊かに生きていける。自分で自分を満たせるなんて最高じゃん。
書いた人の感情がびっしりつまった文がわたしは好きだ。
だからわたしの書くものは重たいし、どっちかといえばめんどくさいし、だいたいは愉快ではない。
なんでわざわざ書くんですかこんなもんって訊かれたら、「むしゃくしゃしたから」「すっきりしたかったから」というのが偽らざる気持ち。
書かれた文も書く理由もそんなもんでいいと思う。
お金もらってお出しする商品なら誰かを気持ちよくさせなきゃいけないんだろうけど。
わたしの生活や心はエンターテイメントではないし、かっこつけるのなら書く意味ないし、矛盾するな正しくあれって言われても悩みながら迷いながらかろうじて生きてるだけだからそれも絶対に無理。
まあ人生楽しいことよりきついことのほうが多いので、きついこと乗り越えるために書いてる節がある。
ぜんぶ自分のため。
わざわざブログでやってるのは、ひとりでモヤモヤするからどこかの誰かが適当に聞いてくれたらいいな~くらいのノリ。
だから書くことを仕事にするのは無理だと若いうちから悟っていたのです。そもそも下手の横好きですしね。
あと、好きで撮ってる写真もあいかわらず下手の横好きです。