うまいこといえない。

うまいこといえないひとがつたないなりに何かを残し誰かに伝えたいブログ。

人生すごろくをあがるために

自分にとって不必要になったものや縁を手離していってるうちに、ずっと頭から離れなかった言葉や、忘れられない人のことをだんだんと思い出さなくなってきた。
そうやって過去への執着を解いて、学びや教訓は残して、自責の念は少しずつ手離していこうと思う。
たとえば、あの言葉も。

わたしは、恋愛と結婚が女の人生すごろくの最高のあがりだと思い込んでいた。
男性を信じられず、他人に心を開けない自分自身を嫌いながら。
それをふつうにできる人とは違うのだ、わたしは人間としていびつで欠けているんだと、申し訳なさと後ろめたさで卑屈になって生きてきた。
わたしの考えかたでは、わたしは決して人生すごろくをあがることができない。
だからこそ、「でも結婚できてるじゃん」なんてひどい言葉が出てきたのだと、ようやくわかった。
それが賞賛などでは決してなく、人を傷つける言葉だともわかった。

人生すごろくのあがりは、結婚でも出産でも仕事の成功でもない。
死だ。
等しく、死だ。
人生はすごろくじゃない。人間は駒じゃない。
ただ生まれてきたから、死ぬまで生きるだけ。
そこに勝ちも負けも優劣もない。
わたしもただ生きて死ぬ。
ちゃんと死ぬために、ちゃんと生きようと思う。
ちゃんと生きるとは、自分なりに幸せに、納得して暮らしていくこと。
ちゃんと死ぬとは、自分がいなくなったあとで、人を申し訳なくさせたり、後ろめたくさせたり、卑屈にさせたりしないこと。
今までろくでもない生きかたしかできなかったわたしには、やっぱり難しいことかもしれないけれど。
それくらいのことは成して死んでいきたいし、生きてるうちはできるだけ幸せでいたい。
自分の人生の意味なんて、自分自身がわかっていればいい。